後ろ髪はハゲにくい

めざせ余剰人員。
スポーツで言えばベンチ、もしくはベンチのベンチ、究極のベンチ温め係。
普通に考えればレギュラー入りすることを目指し、さらにその中でも重要ポストに抜擢されればスポットライトを浴びて一躍スター、のようなストーリーを
誰から教わったのか知らないが信じている。ベンチを目指す人は変わり者だろう。
しかし、レギュラーになりたいと思うがベンチウォーマーを指向する変な引力も確かに感じるのである。後ろ髪引かれるって言うのかなあ。
結局そこから不幸や悲劇は始まったし友情や恋愛やいい人悪い人も始まったと思うのである。
見方によれば世の中分裂した狂人ばかりとも言える。

もう今年も8日経った、現在2時38分だ。日毎に分裂は深まっていく、それだけ余剰人員への引力も増していく。